運転免許証でわかるその人のうっかり度…数が大きいと・・・
2023/05/20

広告

運転免許証は身分証明書として広く使われている。免許証には取得した時期や場所、運転歴など様々な情報が記載されている。特に注目すべきは下部の12桁の番号で、左の2桁は免許取得時に交付を受けた公安委員会を表し、次の2桁は取得年の下2桁。その次の6桁は管理のための数字で、右側の1桁は再交付された回数を表す。大体の運転歴を知るにはこの数字を確認するのが良い。再交付された回数が多い人はうっかりしやすい傾向があると考えられる。

広告

AD
記事