叱られた小学生が書いた『謝罪の手紙』 ラストの文章に、母親は二度見
2023/07/03

多くの子供は自分の気持ちを手紙に書くことがあります。手紙を書くことは、両親への感謝や謝罪の気持ちを伝える方法として利用されることがあります。娘が小学3年生の頃に「ママへ、本当にごめんなさい」と始まる手紙をもらいました。 この手紙は、娘が夜遅くまで遊んでいたことを叱られた後に、平尾さんに許してもらいたいという気持ちを込めて書かれたものです。手紙の最後には、「ママとのよりを直したいです」と書かれており、この表現は通常は恋人や夫婦の関係を修復するために使われる言葉です。

AD
記事